子育てにも良い環境に移り住もう|不動産購入時のチェックポイント

コストを安くする

室内

土地を借りて家を建てる

家を建てるときにはまず土地探しから始めていきます。知人や友人から土地を譲り受けてもらう人もいますし、自分の力で土地を探す人もいます。自分で土地を探す人は情報を集めて一般的に、不動産屋さんに相談に行く人が多くなっています。不動産屋さんの中には売却を行う土地はもちろんのこと、借地についても仲介を行っている不動産屋さんもいます。土地を新しく購入して家を建てるときは、土地の購入費用が掛かってしまい建築コストが高くなってしまいます。借地に家を建てるときは土地の賃貸料金を払っていけばよいので建築コストは、ほとんどが家を建てるためだけの費用になってきますので、大変に安上がりに家を建てることが可能になっています。借地には賃借権という権利があります。この権利は契約期間満了後でも契約の更新をすることができる普通借地権と、期間を過ぎれば更新を認めない定期借地権があります。これはどんなものか一般の人にはとてもわかりにくくなっています。借地の仲介を行っている不動産屋さんに行って相談すれば、これらの意味を教えてくれます。また借地権がついている住宅は、固定資産税や不動産取得税などの税金もかからなくなっています。これらのことも相談に行けば丁寧に教えてくれます。定期の借地権がいいのか普通の借地権がいいのかそれぞれメリットもデメリットもあります。仲介している不動産屋さんに相談に行けば、自分に合った適切な借地を紹介してくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加